yumi
時計マニア

 

時計マニアへ

 

SEIKO編へ

 

CITIZEN編へ

 

EPSON編へ

 

解説編へ

 

 

自動巻発電時計・SWATCH編

2014.3.16 UpDated

エルメス・ノマード・オートクォーツ・クロノグラフ登場!

Java Scriptを有効にし、時計の写真等をクリックすると、拡大写真と解説のWindowが開きます。(穴埋め画像は開きません)


HERMES NOMADE
2001年
OMEGAMATIC
1997年 Cal.1400

TISSOT PR100
1996年 ETA製
Swatch Electrons
1997年秋冬 ETA製


SWATCHグループは、1996年にTISSOT、1997年にOMEGAとswatchにそれぞれETA製の自動巻発電を積んで来ましたが、余り熱心ではないようです。

ETA製の最大の特徴は、手巻きでも発電できることです(但し、swatchは廉価版のためかできませんでした)。その感触はなかなか素晴らしいです(^^)

なお、ETA製自動巻発電クロノムーブは今まで確認できなかったのですが、もしかしたら2001年秋に出たエルメスのノマード・オートクォーツ・クロノグラフに積んであるのがETA製かもしれません。今後の研究課題ですね。(2002.11.11)

 

2014.3.16追記

なんと11年4ヶ月ぶりの更新です(^^ゞ
やっと、エルメス・ノマード・オートクォーツ・クロノグラフを入手しました。
実際にいじってみると、色々発見があって面白かったです。12年前に買っておけばよかったですね。
ちなみに、今回入手したのは2012年にエルメスでコンプリートサービスを受けた中古A+品。さすがにムーブが新しいだけあって、快調に時を刻んでいます。


解説編へ進む

Copyright (c)2001-2014 AYANOKOHJI Hidemaro All Right Reserved